乳ガンや子宮体ガン

イソフラボンで若肌を取り戻そう

女性ホルモンは、女性らしい体形や肌、髪などをつくりだします。
女性ホルモンは年齢とともに減少し、特に閉経してしまうと急激に減少してしまうのです。
女性ホルモンが減少すると皮膚のヒアルロン酸やコラーゲンの合成力が低下して、肌の弾力を失いますしタルミやシワの原因になります。

また、新陳代謝機能が低下することで色素沈着が起きやすくなり、シミを発生させるのです。
さらに、女性ホルモンが減少すると男性ホルモンが過剰になります。
その結果、体毛が濃くなったり髪が薄くなったりします。

女性ホルモンのバランスはとても大切で、不足しても過剰になっても体調に異変を引き起こしてしまうのです。
イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た化学構造と働きをもっています。
このイソフラボンはエストロゲンと同じ働きをするだけではなく、エストロゲンが不足した場合にはそれを補うように働きます。
エストロゲンが過剰になった場合には抗エストロゲンとして働く(エストロゲンの働きを抑制する)というように、イソフラボンは女性ホルモンの量を適正に保つのです。

イソフラボンは、エストロゲンに代わって女性らしさを保つための成分と言えます。
なお、イソフラボンに含まれているゲニステインという成分はメラニンの生成を促進する酵素の作用を抑制しますから、シミなどの原因から肌を守ってくれます。

↓イソフラボン配合のパック商品
 

このページの先頭へ