乳ガンや子宮体ガン

イソフラボンを多く含む食品

イソフラボンは、大豆や緑豆などのマメ科の植物のほか、古くから薬用として利用されてきたヨーロッパ原産のハーブの一種であるレッドクローバー、甘みが砂糖の50倍~80倍もあって根に薬効がある甘草(カンゾウ)、葛の根などに含まれています。
また、近年注目を浴びているタイ北部やミャンマー国境当たりで採取できる古くから不老長寿の植物として利用されている「ガウクルア」も、大豆のほぼ40倍にも達するイソフラボンを含有しています。
これらの植物はイソフラボンを含んでいますが、食品や加工食品として日常的に利用されるのは大豆や緑豆です。

具体的には、緑豆は「もやし」で、大豆は大豆食品である「納豆、豆腐、味噌、醤油、豆乳、きなこ、油揚げ、厚揚げ」などで、いずれも豆腐屋やスーパーで容易に入手できます。
和食を食べる機会の多い人は、味噌汁や納豆などの大豆加工食品を食べる機会が多いので、特別に意識しないでも1日に必要な量のイソフラボンを摂取できているようですが、食品安全委員会では「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方」の中で、一日摂取目安量の上限値を70~75 mgに定めています。
ちなみに、大豆食品のイソフラボン含有量をいくつか列記すると、納豆1パック(50g) 65.0mg、豆乳(125ml)69.0mg、豆腐1/2丁(110g) 55.0mgです。

毎日の食事からイソフラボンを摂るとどういったメリットがあるのか、こちらに体験談が載っています。
バランスの良い食事に気をつけて摂っていくのが望ましいのですが、毎日忙しく働いている方には難しいですよね。
そんな方たちには、いつでもどこでも手軽にれるサプリメントタイプがおすすめです。
サプリメントタイプのメリットといえば、http://www.yamamototei.jp/sextusyusuru.htmlにもかいてあるように、持ち運びが可能なので空いた時間にささっと摂取できる点です。
ですが、このタイプからの摂取の場合は食事からの摂取以上に一日の摂取量を厳守してもらいたいです。
またこちらのイソフラボンの摂取方法についても参考にご覧ください。くv

このページの先頭へ