乳ガンや子宮体ガン

乳ガンや子宮体ガンの予防ができるイソフラボン

女性ホルモンのなかで、いわゆる女性らしさを保つ働きをするのが、エストロゲンと呼ばれるホルモンです。
このエストロゲンが不足したり過剰になったりしてホルモンバランスが乱れると、さまざまな症状や障害が発生します。
エストロゲンは、不足すると更年期障害を引き起こしますし、過剰になると乳ガンや子宮ガンなどの原因になる場合があるのです。

こうしたエストロゲンの不足や過剰によるホルモンバランスの乱れ、さらに発症したさまざまな不具合を回復させることができるのが、大豆などのマメ科の植物に多く含まれているイソフラボンなのです。
イソフラボンはエストロゲンに似た化学構造と働きをすることから、フィト・エストロゲン(植物エストロゲン)と呼ばれています。
エストロゲンが少ない状況のなかでは、エストロゲンと同じような働きをすることでエストロゲン不足を補完するような働きをします。

一方、エストロゲンが過剰な状況のなかでは、エストロゲンの働きを抑える役割を果たすのです
このように、イソフラボンは体内のエストロゲンの状況によって2つの方向に作用しますから、エストロゲンの少ない状況において発症する更年期障害や骨粗しょう症などへはエストロゲン作用を発揮して症状を緩和します
し、エストロゲンが過剰な状況で発症する乳ガンhttp://www.synchroboards.com/cancer.htmlや子宮体ガンなどへは予防効果を発揮するのです。

このページの先頭へ