乳ガンや子宮体ガン

イソフラボンで免疫力を高めて健康な体つくり

年齢を重ねるごとに抗酸化作用(酸化を抑える作用)が衰えて体内には活性酸素が蓄積し、いっそう老化を促進するとともに確実に免疫力を低下させてしまいます。
免疫力が低下すると、体調不良になったり病気にかかりやすくなったりして、健康状態は悪循環に陥ってしまいます。
この免疫力を高めるためには、活性酸素を発生させないように抑制したり過剰に発生した活性酸素を体外へ排出したりしてくれる抗酸化作用を持った栄養素を摂取することが大切です。

また、あわせて、適度な運動や睡眠のほか免疫力を高めてくれる食材を使った日常的な食生活が重要であると言えます。
それに一番適した方法が、イソフラボンを含む大豆食品を摂取することです。
イソフラボンには、細胞を酸化させてダメージを与える活性酸素を抑えるとともに過剰な活性酸素を除去する「抗酸化作用」があります。

さらに、免疫力をアップさせる効果があることが研究の結果で明らかになっています。
イソフラボン、特に大豆イソフラボンは、大豆加工食品である豆腐や納豆、油揚げなど日常的に和食を中心にした食生活を心がけていれば意外と簡単に摂取することが可能です。
もし、そうした食事ができない場合は、イソフラボンのサプリメントhttp://www.tourofcalifornia-solvang.com/sapuri.htmlで摂取する方法もあります。
一日当たり70mgを目標にイソフラボンを摂取して免疫力を高め、健康な体つくりを実現したいものです。

このページの先頭へ