乳ガンや子宮体ガン

イソフラボンの抗酸化作用で肥満対策

肥満の原因について、世界保健機関(WHO)は「肥満や体重過多の根本原因は、摂取カロリーと消費カロリーの不均衡にある」としています。
また、一般的にも、カロリーの過剰摂取・栄養過多・老化や運動不足による新陳代謝の低下などが原因だと言われていますから、表現をかえれば「食べすぎか、運動不足か、あるいはその両方か」が肥満の原因と言うことができるでしょう。
肥満は、外見上は体形の変化になって現れますが、体の中では「コレステロール値や血中の中性脂肪などの異常数値」になって現れます。

これが高血圧と高コレステロール血症などの発症原因になり、動脈硬化や心臓病のリスクを高めていくのです。
心臓病のリスクになる肥満の予防策としては、まず、肥満原因ファクターを取り除くことが必要です。
食事に気を配ってカロリーやの栄養の過剰摂取を止め、適度な運動で新陳代謝を高めてカロリー消費を増やすことです。

何よりも必要なのは、肥満につながっていた生活習慣の改善と言えるでしょう。
そうした取組みとともに体の内側からの肥満対策となるのが、大豆加工食品を食べることで手軽にできるイソフラボンの摂取です。
イソフラボンには強力な抗酸化作用があり、活性酸素を抑えてコレステロール値や血中の中性脂肪を正常にコントロールする働きがあります。
この働きが肥満を抑え改善することは、肥満大国であるアメリカのFDA(食品医薬品局)でも認められています。

このページの先頭へ