乳ガンや子宮体ガン

更年期障害の緩和にイソフラボン

女性は年齢とともに卵巣の機能が衰え、特に閉経前後から女性ホルモン、特にエストロゲンの分泌が減少します。
この卵胞ホルモンとも呼ばれるこのエストロゲンは、いわゆる女性らしさ(肌、骨格、胸などの)、月経や妊娠・出産などに大きな関わりを持っており、エストロゲンが減少することでホルモンバランスが乱れると、さまざまな障害や疾病を発症させてしまいます。
これが更年期障害です。

エストロゲンの減少が招く代表的な症状としては、「不安、イライラ、うつ病などの精神的な症状」「女性ホルモンの持つ骨量を保つ働きが弱まるために、骨粗しょう症を発症する」「女性ホルモンの持つ血中の脂質を下げる働きが弱まるために、脳梗塞や心筋梗塞など血管の病気のリスクが増加する」といったことを挙げることができます。
こうした更年期障害の緩和に効果があるのがイソフラボンです。
植物エストロゲンとも呼ばれるフラボノイドの一種であるイソフラボンは、エストロゲンと化学構造と働きが似ていることから、イソフラボンを摂取することで不足しているエストロゲンを補えます。
このことでエストロゲンが持っている本来の働きを回復できるので、更年期障害を緩和することが可能になるのです。

↓毎日の食事でイソフラボンを摂取
   

このページの先頭へ