乳ガンや子宮体ガン

コレステロールの悪玉を減らして善玉を増やす

「悪玉」と呼ばれるLDLコレステロールは、コレステロールを体の中に供給するという役割がありますが、増え過ぎてしまうとそのコレステロールは血管の壁に付着し、動脈硬化を引き起こす原因にもなるのです。
一方、「善玉」と呼ばれるHDLコレステロールは、体内や血液中に溜まった悪玉コレステロールを排出して減らす働きをすることで、動脈硬化を予防する働きがあります。
善玉コレステロールが減って悪玉コレステロールが増加すると、体内の中性脂肪が増加してしまいます。

この中性脂肪は血管を塞ぎ、動脈硬化が促進されてしまうのです。
これが「高脂血症」です。
この中性脂肪を下げる効果があるのはポリフェノールで、植物性ポリフェノールであるイソフラボンには、血液内の悪玉コレステロールと中性脂肪を減らしてサラサラな血にする効果が期待できます。

また、大豆に含まれるイソフラボンは、悪玉を減らす一方で善玉を増やすという理想的な効果を発揮するのです。
しかも、大豆に含まれる「αリノレン酸」「レシチン」「シトステロール」などの成分にも、コレステロールを下げる効果があります。
動脈硬化を防止する効果http://www.te-a.jp/doumyakukouka.htmlが強いイソフラボンは、健康においては欠かすことのできない成分であるということができるでしょう。

このページの先頭へ