乳ガンや子宮体ガン

女性ホルモンに似た働きをするイソフラボン

ホルモンは「体内の特定の器官で合成・分泌され、特定の器官で効果を発揮する血液中を流れている生理活性物質」のことです。
このホルモンの分泌は、脳内の「視床下部」と「下垂体」という部分が担っており、そこからの司令にもとづいて卵巣から分泌されます。
卵巣で作られる女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあり、特に女性に大切なホルモンがエストロゲンです。

卵胞ホルモンとも呼ばれるエストロゲンは、いろいろな働きを持っています。
女性らしい肌や骨格を作ったり、胸を膨らませたり、月経や妊娠・出産にも大きな関わりを持っています。
しかし、女性にとって重要な働きを担ったこのエストロゲンは、一般には閉経前後から急激に減少してしまいます。

そのことで女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、さまざまな障害や疾病を発症させることになるのです。
女性にとって重要なこのエストロゲンと構造や働きが似ている、として注目されているのがイソフラボンです。
イソフラボンは、植物エストロゲンとも呼ばれるフラボノイドの一種で、エストロゲンと化学構造と働きが類似していることから、それを摂取することで減少したエストロゲンを補えます。
しかも、エストロゲン不足を補うだけではなく、エストロゲンが増えすぎた場合にはそれを抑制する効果もあり、イソフラボンは女性ホルモンのバランスを整える役割も果たす成分です。

このページの先頭へ