乳ガンや子宮体ガン

アメリカFDAも推奨する大豆食

食品医薬品局(FDA:Food and Drug Administration)は、消費者が日常生活で利用したり使用したりする機会のある食品や医薬品、化粧品などのあらゆる製品について、その許認可や取締りなどを行うアメリカ合衆国の政府機関の一つです。
日本の厚生労働省のような役割を果たしているこのFDAでは、1999年、国内で増加し続ける肥満と心臓病対策として、大豆タンパクを含む食品に「健康表示」することを認可しました。
かつてアメリカは肥満大国で、人口の25%が心臓疾患を抱え死因の40%を心臓発作や血管障害で占めていました。

死因の第一位は心臓病で、その最大の原因は悪玉コレステロール(LDLコレステロール)と考えられていたのです。
そうしたなかでFDAが目を向けたのが日本の食文化だったのです。
和食文化は「米と魚」が基本で、タンパク源や調味料には大豆が使われていますしコーヒーや紅茶ではなく「緑茶」を日常的に飲んでいます。

こうした食生活がコレステロール値を下げるのではないかとの推論から研究が開始されたのでした。
研究の結果、「大豆プロテインを1日当たり25g摂取することで、コレステロール値の低下と心臓病のリスクを減らすことが期待できる」ということが明らかになり、FDAは、心臓病対策には大豆食がよいとのお墨付きを与えたのです。
また、「食品や食品成分が健康づくり、疾病の予防や治療に効果があることを示す表示」であるHealth Claimを表記してもいいとしました。

↓効率よくイソフラボンを摂取する方法
    

このページの先頭へ